「キャッシング」とは「お金を借りる」ことです。
「お金を借りる」には様々な方法があります。
そしてお金を借りるには「金利」が必要です。


通常、銀行に普通預金の口座があり、さらに定期預金があると定期預金の90%まで貸し越しができます。これはクレジットカードで買い物をして引落される金額に対して預金残高が不足している場合に便利です。
但し、その場合、預金残高はマイナスになり、金利が掛かってきます。

では「急にお金が必要になった」、しかし「銀行口座の残金が足りない」という時はどうすればいいのか?
この場合はお金をどこから工面しなくてはなりません。

「キャッシング」の方法は次の3点です。

詳しく見ていきます。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

「クレジットカード」はショッピングメインのカードですのでキャッシングについての金利は比較的高めに設定されていることもあるので利用の際は注意が必要です。

銀行系の融資会社を利用する

銀行が融資します。
メリットは比較的金利が低めに設定されていること、また給与振込、公共料金などを支払っているメイン口座を作っている場合、優遇金利などが適用されることもあります。
また、貸金業法の範囲にならない融資となるため、消費者金融などのように年収の3分の1以内の利用などの制限がかかりません。
高額の事業資金などが必要な場合には選択の一つに入れたい融資体系となります。
但し、審査は厳しめです。返済能力の有無については、しっかりと審査されるケースが多いようです。

消費者金融を利用する

「キャッシング」という言葉はどちらかと言えば、これら消費者金融会社が扱う融資の総称と言えます。
ネガティブなイメージがあるかもしれませんが、近年のCMなどでは好感度の高いタレントを使って安心感を与え、ここ数年で利用者の幅が広がっています。
主婦、アルバイト、学生なども条件はつきますが利用できるのが特徴です。